爺と婆の縁側日記
のんびり縁側でひなたぼっこです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事件は、突然!起ったのです。
●いつしか歯車は、おかしな方向に回り始めた。

会社で意見が割れて折り合わない事などは日常茶飯事である。
ただ違うのは、今回は暴力的手段に移行したらしいのです。
かなり温厚で静かで真面目な人である。飲んでいた訳でもな
く...ただ時としてかなりご機嫌ななめだったみたいです。
両者ともかなり高齢で地位も名誉もある方々であり、そんな
暴力だなんて!!?。設計と言えば聞こえはいいが、現実は、
そうではないのです。

『良い製品を作り出しても、褒められる事はなく、文句を言
 われ、製造工程不具合から製品検査不具合、部品不良原因
 究明対応、フィールド障害原因調査対応まで全てをなぜか
 設計が対応している、それが1機種や2機種ではないので
 ある。毎月開催される稼動品質会議では、不具合対応など
 が不完全だと皆さんの前でボロクソに罵倒されて文句も言
 えない状態でさらし者にされるのです。まるで大人の虐め
 を会議と言う名で正当化したようなものです』

一生!灯の当たらない場所での仕事です。唯一、誇れるのは、
特許くらいのもんだろうか。何が楽しくて、設計なんかして
るんだろう!?と思う時がある。我々の業界は、限定される
為、オープンに職種を公開できない。
最近は、OEM先の大きな有名メーカーから天下りで入って
くることが多いが、年配の方がいまさら装置を設計する訳で
もなく、一体?何をやってるんだ?という状況である。
現にその人たちの仕事のゴーストライターをしているのは、
我々である。新規開発案件は、簡単な足し算すらできていな
いのでキャパオーバーで膨大に増えて部下は、新規開発案件
にとられ、複数ある量産機の障害対応は個人に集中する。
他社からやってきたOEM天下りなどの年寄り連中には、
パワハラで虐められ、残業はするな!休日出勤も認めない!
など不具合対応残務は膨大に膨れ上がり、また怒鳴られ!
悪循環になっている。何かがおかしい事は確かです。

これまでに大きな事件にならなかったのが不思議なくらいで
ある。外部からのクレーム電話などには、ペコペコといい顔
して仕事場では、平然と部下に罵声を浴びせる光景が日常茶
飯の事である。これで事件が起きない訳がない。こんな状況
の人がひとりやふたりではない。誰もがこの状況がおかしい
と思わないのだろうか。会社のシステムが何時の間にか病ん
でしまっている今日この頃です。

殴られた方は、『この件を何事もなく闇に葬る事はできない』
と言っているらしいです。懲罰委員会?減給?2階級格下げ
人事異動によるサセン?...となるのか???。

こうして人生の歯車は少しづつ音を立てて崩れ落ちてゆくの
です。双方に問題はあるから事件は起きるのです。どちらが
悪いとかではなくお互いの問題点を考えてほしいものです。
暴力では解決しない 原因は両方にある


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mery888.blog43.fc2.com/tb.php/959-7a4c6e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。