爺と婆の縁側日記
のんびり縁側でひなたぼっこです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶちぎれる時もある
●危険な可能性がある前進は、前進ではない。

『前進しなければ何も変わらない!』

『前進することにより危険なリスクが増大するのであれば
 前進する事には意味がないし、それは前進するとは言え
 ない。』

『何故か?危険が多すぎるのでソフトでの対応は不可能と
 打ち合わせでも結論が出ずに回答は延期するとなったは
 ずなのに一人暴走したのか?ソフトでどうにかしますな
 どと無謀な回答をOEMに対して回答した考えられん奴
 がいる!』

『ソフトは、何をどう変えるかによって期待されるべき
 結果を生み出しそれによる弊害などが発生してはなら
 ない!結果がどっちでもいいいとか?あやふやな制御
 条件などはない!チェック結果が良い結果であろうと
 致命的な問題の結果であろうとどっちでもいいとか!
 言う結論に至るのは、ありえない!明らかに良い点が
 生まれ現実より改善されるべき内容があり弊害がない
 事を前進という!』

メカトロニクス制御には、メカ的なメカトロ機構に依存
する部分と電気ハードウェアに依存する機能制約がある。
フィールド市場での稼動台数は既に?万台を超えている。
その全てを背負っているのであるから弊害があるような
対応は死んでもやらない。それを曲げても上司の圧力だと
かでやれと指示がくるのであれば会社をやめる。
サラリーマンはNOといえない人種なのかもしれないが
曲げてはいけない最低限のラインはあるのではないか?

技術系にはさまざまな人間がいる。一応それなりの工学
系の大学を出てきた人間であるはずなので、それなりの
知識はあるはずなのだが。
ところが『勢いで仕事する奴!』が稀にいるのです。
つまり『やってみたらどうだった!』みたいな結果
オーライのタイプ...論理的に成りえる事象は現実に
ありえる訳で”勢い”とはまったくもって論外である!

サラリーマンがNOと言うのは辞める時なのかもしれない。
チェンジ001

ひなたぼっぽ0001










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mery888.blog43.fc2.com/tb.php/283-78557356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。