爺と婆の縁側日記
のんびり縁側でひなたぼっこです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰りの片道500kmを走行
●帰らねばなるまいに

うまい寿司を食ったのはいいが、支払い金額でア然となって
いる婆さんをなだめながら、一般道路でひたすら上高地を超
えて松本ICを目指します。

かなりの台数が上高地を目指して走っていました。
大型バスが先頭をノロノロと走る為に相変わらずの渋滞です。

行きに立ち寄った道の駅で、飛騨牛の串焼き(塩こしょう
だけで焼いた)を食ってきました。
食った後に”画像撮影するの忘れた”状態です。
なんせ、油がしたたる..焼きたて順番待ち状態で...
腹減ってたし!。

土産は、会社にばらまく為に購入した氷見のクッキー
これまた、何処の土産か?すらまったく解らんです。

自宅には、何故か長野善光寺開帳記念七味とうがらしと
五箇山豆腐...と言う...マジでこれだけ??。

こうして無謀な旅2009念5月のゴールデン・ウィークは
終わりを迎えるのです。(やっと終わったじゃ~ん!)
かえるびゃ001

かえるびゃ002

かえるびゃ003

かえるびゃ004

かえるびゃ005
スポンサーサイト
値段がないのは心して!
●富山新湊 寿司

せっかく魚が、おいしい富山に来たので寿司屋に!
値段が書いてない普通の寿司屋(回転していない)
は、初めてであり、しかも飛び込みの寿司屋さんに

『上がりでいいですか..それとも?』と言われて、
『まだ何も食っていないのに終わり?』とふと
 思ってしまった爺です。

まぐろ、白海老、いか、はまち、うに...
決して...こうなったら決してびびらないで食う!
のです。

さすがに寿司ネタが、関東とは比べ物にならない程の
桁違いのうまさです。
何を食べても間違いなくうまいです。
わさび、しょうがなどのきかせ方も格別でうまいです。

ご会計は、『4千円と4千円で8千円!』で8千円と
なりました。婆さんは、腰が抜けそうな感じでした。
婆さんは寿司屋が時価であり値段が気分だとか
仕入れにより価格変動することを知らなかったみたい
です。
☆イカとウニが一緒の値段?と婆さんが頭をかし
 げていました。

回転寿司がいかに安く、機械化されているかです。
しばらくは、回転寿司にはいけませんねぇ!
かいおう001

かいおう002

かいおう003

かいおう004
旨い海鮮丼をば!?
●富山 氷見フィッシャーマンズ・ワーフ

道の駅なんですがすごい人です。駐車場待ちで大渋滞です。
なんだか演歌歌手まで来ているみたいです。
なんと言う方なんでしょう?(見た事ない??です)
てっきり、さくらんぼ作って演歌を歌っている方かと思ったら
違ったみたいです。

中で海鮮丼でも食べて帰りたかったのですがすごい行列です。
これをまっていたら1時間は消失しそうなので、とっとと
移動です。
フイッシャー001

フイッシャー002

フイッシャー003

フイッシャー004
モフらせて頂きます。
●チャトランをモフらせて頂きました。

いつものように土曜日は歯医者に!。
そのでかけにメリーを探します。残念ながらメリーはいません
でしたが、チャトランがいました。
手の臭いをかがせて安心させてついでにモフらせて頂きました。
おかげで、歯医者には、ギリギリ到着で順番が最後に..。
まあ、いいかっ!
ちゃとらんもふる001

ちゃとらんもふる002

ちゃとらんもふる003

ちゃとらんもふる004
忍者はっとり君
●富山 氷見 忍者はっとり君

天竺温泉を後に富山市街地に向けてこれまた移動します。
最終日ですので、氷見に移動し観光して豪華な海鮮丼!など
を食べれればと....。

氷見潮風通り商店街にある忍者はっとり君関連のモニュメント
がある。この地域は、藤子不二雄さんの出身地でありモニュメ
ントに近ずくくと人体検知センサーが上部に設置してあり音声
ガイダンスが流れる仕組みになっています。

スタンプラリーらしき事が行われていたようです。

はっとりくん001

はっとりくん002

はっとりくん003

はっとりくん004

はっとりくん番外

はっとりくん006

はっとりくん007

はっとりくん008

はっとりくん009
天竺?
●天竺温泉の郷

そこに~ゆぅけ~ばっ♪叶うと言うょ~♪..その国の名は~
ガンダラー♪..(違っている..西遊記なのに天竺じゃない)

ゴーゴー!ウェスト♪にんにきにんにん~♪西にはあるんだ~
夢の国♪...これも違うにゃ~!

五箇山から天竺温泉までは、”地図だとちょっとだよ”と婆が
言っていた。ところが、かなりありますと言うか一旦、富山側
に戻ってまた山の方にまた南下すると言うルートです。
途中で、納涼祭なのか、獅子舞なのか大人数でクネクネして
踊っている大蛇のような行列をみました。

コンビニも酒屋もないです。ついでに信号もないですが。
自然に満ち溢れすぎた大自然の田舎です。綺麗です。
こういうところに住むと心もおおらかになるのかもしれません。
時計が無い空間と言った感じです。
てんじく001

てんじく002

てんじく003

てんじく004

てんじく005
相倉地区
●富山世界遺産 五箇山 相倉地区

既に夕暮れを迎えそうな世界遺産 相沢地区です。
これも....あきるのです...爺の田舎も似たり寄ったり
なので...???。
あいくら001

あいくら002

あいくら003
豆腐を買う
●富山世界遺産 五箇山 五箇山豆腐を買う

爺は、もういいんじゃない?と思っていたのだが、婆が行く
と言うので、もう一方にある相倉地区に移動で富山川に少し
戻ります。

既に日が暮れ始めているので画像は期待できないですし。
その前に、五箇山豆腐を買って移動しないともう戻っては
これませんので、五箇山豆腐を購入です。
とうふ001

とうふ002

とうふ003

とうふ004
世界遺産 五箇山
●富山世界遺産 五箇山 菅沼地区

岐阜の白川郷と五箇山は、合掌造りで1995年に世界遺産に
登録された歴史的建造物です。

菅沼地区と相倉地区の2ヶ所に合掌造り集落があります。
みなさん2ヶ所をハシゴで移動し観光しているみたいです。
『こきりこ』『五箇山豆腐』が有名のようです。
こきりことは、楽器のようです。お土産屋さんにありましたが
どうやったら音が出るのかがわかりません。

五箇山豆腐は、すごい硬さです。爺の田舎にある豆腐も硬い
ですが、その上を行く硬さです。
蕎麦を食う為に1時間近くも待たされたのは初めてです。
菅沼001

菅沼002

菅沼003

菅沼004

菅沼005

菅沼006

菅沼007
船でしかいけない?
●大牧温泉には行かないんだけど

富山の秘境にある...サスペンスドラマとかで使われる大牧温泉
なんと...この時代に船でしかいけないとか!
山の中なのにぃ~!
大牧温泉001

大牧温泉002

大牧温泉003

大牧温泉004
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。